法人様向けAV機器・OA機器レンタルのレントイット

レントイットのご案内

レントイットの商品リファイニング

リファイニングとは、「リファイン(改良、洗練する)」という意味です。 レントイットでは、機械を分解しパーツ一つ一つをチェック・丁寧に洗浄し、組み立て直して、全てのパーツがきちんと動いているか、画質は良好かをチェックしながら、再度パーツ交換修理をして、仕上げていきます。

レンタル商品について

レンタルは他のお客様がご利用になった商品を次のお客様にもご利用いただくシステム、いわばレンタル商品は中古商品です。 次のお客様にも安心してご利用いただくために、レントイットでは、ひとつひとつの商品のリファイニングを専門のセンターで行っています。

例として、複合機のリファイニング工程をご紹介します。

  1. Step.
    1

    Cleaning
    リファイニング待ち

    専門工場にずらっと複合機が並んでいます レンタルが終了した複合機はリファイニングのためにレントイットの専門工場に集められます。 ちなみにこれでもほんの一部です。次のお客様のためにリファイニング待ちです。

  2. Step.
    2

    Cleaning
    外せるパーツは全部外します

    作業員が手作業でパーツを外します いよいよリファイニング開始です!外せるパーツは全て、取り外します。パーツが破損している場合は次の工程できちんと交換します。
    黒く汚れたパーツを作業台の上へ 外したパーツの一部です。
    レンタル終了後の複合機内部はこんなに汚れているんです!

  3. Step.
    3

    Cleaning
    パーツの洗浄を行います

    洗浄する為の大きなシンクへ移動します 水洗いの出来るパーツは専用のシンクへ運び、ひとつひとつ丁寧に水洗いします。

  4. Step.
    4

    Cleaning
    水分を取り除きます

    作業員が片手にパーツを持ち、もう一方の手でエアーブロアーを操作し、水分を吹き飛ばします 精密機械に水は大敵!
    洗った後、強力エアーブロアーで水滴を残さず吹き飛ばします。

  5. Step.
    5

    Cleaning
    ゴミを取り除きます

    パーツを外した複合機本体の溝にエアーブロアーをあてます もちろん汚れやゴミも大敵です。
    洗浄できない本体の内部やパーツの細かい汚れ・ゴミも、強力エアーブロアーで吹き飛ばします。 複合機読み取り部分のカバーの裏面を人の目で確認します 拭き掃除も念入りに。 手が届かないところも細い棒に布を巻いたものや、綿棒で丁寧に汚れを落としていきます。

  6. Step.
    6

    Cleaning
    トナーを取り除きます

    トナーを専用作業台の上へ移動させます 内部に付着したトナーをきれいに取り除きます。トナーの舞い上がりは非常にやっかい! 通常では難しいですが、レントイットのリファイニングセンターではトナーを吸い込んでくれる専用作業台があるので作業が可能です。

  7. Step.
    7

    Cleaning
    パーツ交換・修理を行います

    ドライバーでひとつひとつネジを外します 不良箇所がある場合は、交換や修理を行います。複合機は精密機械なだけに職人技です! 複合機印刷時の紙送りに必要な白いロール部分。左が黒ずんでおり、右は真っ白 例えばこんなところのパーツ交換も。紙送りに重要なロール部分のパーツ。
    左が交換前で、右が交換後です。明らかに状態が違うのが分かります。
    ここまでの工程をすべてクリアしたら、ようやくパーツを組み立て、複合機を元通りに。

  8. Step.
    8

    Adjustment
    画質チェック等を行います

    印刷した紙を手にとり、目で確認します パーツを組み立てたらコピーの画質チェック等を行います。 実際にコピーを取ってみて、全てのパーツが正常に動いているかどうかを確認し、画質チェックを行います。

  9. Step.
    9

    Adjustment
    最終調整を行います

    複合機内部の調整の為、ドライバーでネジを外して確認しています 画質に問題があった場合は微調整や、再びパーツのチェック等を行い、繰り返し画質チェックを行います。

  10. Step.
    10

    Adjustment
    リファニング終了!

    業務用ラップで複合機を包み、汚れないようにします 全ての工程を経て、最終チェックをクリアした複合機のみが、再びお客様にレンタルされます!